スタッフブログ

春だけど雪の日とバラのお話     -猫又

2017年3月22日 猫又

冬眠からちょっと目が覚めました、猫又です。

(↑ 我が家の猫又。 目つきが穏やかではない…)

啓蟄(けいちつ)から2週間が過ぎ、 やっと暖かくなってきました。

(↑ここも いっぱい掘り出されてる…)

【啓蟄…冬ごもっていた虫達が土を啓(ひら)きでてくる時期 】

今年は3月5日でした。

あぜ道を凝らしてみれば オオイヌノフグリやタンポポの蕾が 顔を出し始め、

ちゃんと春が来てます。 芽吹く時期ですね。

芽吹き始めるものはたくさんあるのですが、

猫又の今のオススメは…バラです!

なぜ今?と思われた方もいるかもしれませんが、

特にバラ初心者には今が1番いいと私は思うのです。

なぜならー 私がバラ初心者だからです。

ミニバラはたくさんお家にあるけれど、 大株バラは初挑戦します!

きっかけは…お店のつるバラの剪定。

〝つるを全部外して仕立て直しますー〟と 初めて聞いた時はクラッときましたが

やってみたら…ハマってしまいました、バラに。

年明けの雪の積もったあの日が 初剪定の日でした。

雪が積もってテンションもあがってます!

バラの剪定は1月、遅くても2月まで。

寒さでしっかり休眠している時にバッサリいきます。

勿論つるバラだけでなく、木立のバラも、

なんとミニバラもこの時期バッサリ剪定して、 鉢物は植え替えします。

若葉マークの猫又の場合、

そばにプロ(hal吉店長)が居たため頑張れましたが、

一人では到底できそうにありませんでした。

↑ だって、まさか 、こんなにバッサリいくだなんて!

いらない枝は根元からバッサリ。

新しい元気の良いシュートは思いっきり曲げて誘引。

この何もない枝から、

たくさん芽吹いて 葉が生い茂り、花が咲くなんてマジックのようです。

ここが猫又のオススメポイントです。

何もない枝だけだから、 これから どうやって成長していくのか1番よく分かる。

なにより、今お店にあるのは

寒くてめんどくさい作業(剪定と植替、追肥と消毒)が出来上がっているので

ラッキー!!!

あとは 観察するのみ、愛でるのみ。

↑ 始動しています!!

↑ 雪の日に剪定した あのつるバラも。↓

花と葉が生い茂った株も惹かれますが、 成長を楽しみながら自ら育てる楽しみを是非。

 

ランキングに参加しております。

よろしければこちらをポチっと

応援していただけると嬉しいです(*^^*)

 

 

いつもこのブログを見て下さり

ありがとうございます!!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花屋へ
にほんブログ村